保育・教育のこと

たきこ幼児園の保育・教育の3つの柱

モンテッソーリ教育

こどもの自己教育力を引き出す
モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは、誰もが生まれながらにしてもっている見たい、知りたい、やってみたいという自立の芽を育む教育です。
この教育は、イタリアの女性医学博士マリア・モンテッソーリ女史によって提唱されました。
たきこ幼児園ではモンテッソーリ教育を取り入れ、こどもの自主性を育み、「自分を大切にする」子を育成。
自分の目標を持ち、人と比べず、最後まであきらめない気持ちと気品のある態度で人を思いやる優しい心を育んでいきます。

モンテッソーリ教育の教育内容

たきこ幼児園ではモンテッソーリ教育に基づき、5つのプログラムを取り入れています。
感覚教育や言語教育など、それぞれに独自の教具を取り入れながら行いますが、それはあくまでもこどもの自主性を尊重したカリキュラム。こどもたちが自発的に学び育つ心を大切にしていきます。

日常生活の練習

幼児期は手を使いたい敏感期。ゴミを集める、布を絞る、のり貼り、縫いさしなどのおしごとをすることで手指の動きを洗練します。

感覚教育

円柱さしやピンクタワーなどの教具を使い、対にする、段階付ける、分類するという活動の中で知的発達のもとになる、ものを考える方法を身に付けます。

言語教育

こどもは物の名前を知りたがるもの。絵と文字のカードを使い、名称を覚え、話す、読む、書く作業を発達させます。

算数教育

棒やビーズなど具体的な物を使い数の概念を身につけ、きちんと理解をして次のステップへと進みます。

文化教育

世界地図のパズルを使い、国旗の色塗りなどをしながら世界への視野を広げ、多文化理解を深める基礎を養います。

 

たきこ幼児園の環境

たきこ幼児園ではこどもたちが自由に、自発的な活動を行える環境を整えています。

こどもたちが自ら選び、学べる環境づくり。

こどもたちが自ら選び、学べる環境づくり。

成長に合わせて、こどもたちがやってみたくなる教具。

成長に合わせて、こどもたちがやってみたくなる教具。

社会性・協調性を伸ばす、異年齢混合のクラス編成。

社会性・協調性を伸ばす、異年齢混合のクラス編成。

保育環境を整え、こどもたちのサポートをする先生。

保育環境を整え、こどもたちのサポートをする先生。

リズム遊び

たきこ幼児園では、
リズム遊びも取り入れています。

リズム遊びは保育者の斎藤公子さんが実践・提唱したものです。0~6歳児の運動は脳の発達にも重要な役割を果たします。ピアノの生演奏に合わせて行うことで、「よく聞き、よく見る」ことを促し、反応力も養うので、自分の思い通りに体が動かせるようになり、表現力や自主性が育ちます。たきこ幼児園では幼少期のリズム遊びを通してこどもの主体性と自信を養成し、思春期や青年期も自分に自信を持って生きられる人の基礎を養っていきます。

自然体験

たきこ幼児園のこどもたちは、定期的に自然体験へ出かけます。
川で遊んだり、生き物と触れ合ったり、ものづくりを楽しんだり。
自然の中で過ごしながら命や自然を大切にする心を、またものづくりを通して創造性や協調性を育みます。

お散歩

天気の良い日は近くの公園まで3・4・5歳児混ざってお散歩に出かけます。

野菜・果物の収穫

園庭の野菜や果樹を育てて収穫。たくさんの季節の味覚が楽しめます。秋には収穫した柿で干し柿づくりの体験も。

小原へお出かけ

5歳児は毎月1回小原の川や田んぼで遊びます。草花を摘んだり、田んぼの斜面を滑ったり元気に過ごします。

お泊り保育

川遊びをしてカニや小魚と戯れ、みんなで流しそうめんも体験します。

栗拾い・焚き火

秋には小原で栗拾いを行います。また山で薪を拾ってきて、焼いもやサンマを焼いて味わいます。

和紙づくり

和紙漉き体験。好きな模様を漉き込んで行灯を作ります。こどもたちのとっておきの記念に。