たきこ日記

本日、内科検診

モンテッソーリ教育

本日、秋の恒例の内科検診を実施しました。

地域(滝子)の「中野フアミリークリニック」の院長先生

と看護師さんが来園して多機能室で全園児、検診をします。

すみれさんから順にクラスごとに受診します。

春の検診の時は怖くて泣く子、待てない子、とにぎやかでしたが

なんと、たんぽぽさん、きくさんは先生と一緒に正座をして

次々と自分からお医者さまの前に座って、上着をたくし上げ

しっかりお医者様のお顔を見て受診できました。

うめ、さくらさんもすっかり大きくなった姿を見せてくれて

院長先生、看護師さんは感心しきり、でした。

 

「実りの秋」とはよく言ったもの。

稲穂や果物、野菜が実り、魚は太り、食べ物がより一層おいしくなる

秋、自然界に最も近い子どもたちもこの時期「実りの秋」を

迎えたようです。子どもと関わる仕事に就いて、毎年思うことです。

が、今年の秋は格別。

モンテッソーリ活動で「待つこと」を覚え、その場の空気を感じ取り

ふさわしい振る舞いが身についたのでしょうか。

なんともうれしい一日でした。