たきこ日記

保育参加が始まっています

行事

15日(月)から、全園児保育参加を実施しています。

登園から降園まで、一日どっぷりとお子さまのクラスに

入って活動の隅々まで見ていただくという、参観です。

モンテッソーリ活動の時は静かに、座って見守り、

散歩や戸外での遊びの時は子どもたちと触れ合って

交流します。クラスの子どもたちとお友だちになってください。

子どもたちには自分のパパやママとは違う、いろいろな大人に

出会うチャンスでもあります。送迎の時にチラッと見かける

「顔見知り」だったのが、互いにう~んと距離が縮まって

もう、ちいさいお友だち、です。

「ちいさいおともだち」をたくさん作ってください。

「私のパパなのに・・・」とやきもちで泣けてくる子もいますが

それはそれで良い経験です。

 

保育活動は保護者参加を理由に「よそゆき」のものではありません。

月の計画、週の計画に沿って進められ、いつもの保育を見て、

体験していただきます。

10月は体を大きく動かしたり、秋の自然と触れ合い、季節の移り変わりを

肌で感じながら、呑気に遊ぶ絶好の月です。

年長児は運動会をくぐり、それぞれが自分に対する信頼感、自己肯定感

を蓄えて、充実した日々を過ごします。

午後は待ちに待った、木工活動が始まりました。いろいろな道具を使うため

少人数で、つまり、うめ組さくら組に分かれます。

食事が終わり、ランチルームの掃除(年長児担当)が終わると「おはなしのじかん」

です。その後、木工クラスと、年長児ならではのモンテッソーリ活動を

します。、どれも子どもたちの大好きな活動です。

 

保育参加の感想用紙が、レターケースに入っています。

無記名でも結構ですので、ぜひ感想をいただきたいです。

よろしくお願いいたします。